2009ボージョレ・ヌーヴォの試飲

2009.11.19の解禁日に仕入れていた2009ボージョレ・ヌーヴォーの試飲を昨日してみた。

11月26日の午後近所の皆様3人をお招きして、PETボトル入り赤のジャン・ルイ・カンソンJ.L.Quinson750mlを私たち夫婦とともに参加した合計5人で飲んでみた。

つまみの方は家内自家製の、ブラックタイガー海老フライ、一口豚カツ、きんぴらゴボウ、サラダ菜、小豆おこわ、隣家自家製のりんごパイ。

画像


既製品としては、近所のパン屋特製のサンドイッチ、瓜の醤油漬け、裂きするめ、カワハギを裂いて伸ばしたもの、みかん、柿などであった。

画像


飲むのには中柱の高めのワイングラスを用いた。中柱を持つことによって手の温度がぶどう酒そのものに伝わらない方が良いといわれている。

今年のボージョレ・ヌーヴォーの味の方は、香りも高く、わずかに甘みはあるが新酒特有の適度の渋みもあって申し分なかった。豚カツなどの油分の強いものは、ボージョレ・ヌーヴォーの香りや風味を消すらしく、ビーフーステーキ等の方がよく新酒の風味が分かるような気がする。

私は酒には弱いほうなので、12.5%のアルコール分でグラスに1杯飲んだ時点で真っ赤になってしまった。750ml瓶1本を5人で空けて、皆さんも十分に満足されて夕方帰られた。

親戚の方から、この催しのことを聞いて、もう1本高級品で地区限定品のボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーBeaujolais Villages Nouveauのラブレ・ロワLaboure-Roi 750ml ガラス瓶入りコルク栓使用の物の差し入れがあったので、また機会があればこのガラス瓶入りのブランドも試してみることが出来て、下戸ながら楽しみが増えたようだ。この百合をあしらった紋章のワインは多くのエヤーラインに採用されているようだ。

画像


ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー:
http://www.partywine.com/shop/g/g000010010050100/

http://www.yanaiya.net/?pid=9774836

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年11月27日 13:13
hirokatoさん~こんにちは

美味しそうなものが、沢山あがってますね。
奥様がおひとりで作られて・・・ごちそうになりたい
ですわ。お料理あってのワインなんでしょうね。
お酒・・・全般飲めないので、残念です。

不幸があって、北海道に行ってきました。
美味しいものも食べてこれなくて、残念でした。
奥様のお料理を見ましたら~お腹が空いてきました。
もう~お昼過ぎましたわ。道理で!!
2009年11月27日 17:51
伯父様のご不幸で北海道の方に行っておられた由、早く帰られたようですね。

不幸があっては美味しいものも食べてこれなくても、やむをえないですね。

たいしたご馳走も出来ませんが、手料理を楽しむのもささやかな喜びですね。

学習塾開業当時に塾の生徒さんがおられる時代には、これからクリスマスにかけて、生徒さんの方から、会費無しで、パーテイーを開いてほしいという要望が頻りでしたね。鶏のチューリップなども毎冬沢山仕込んできて、自家で料理をつくっていましたよ。
2009年11月29日 01:40
ボージョレ、飲みましたか!!!
美味しかったですか??(笑)
僕も買わないとなぁ~^-^
記事を読んでいたら僕も酔ってきました~(笑)
ご馳走様です♪♪
2009年11月30日 00:47
こまっちゃん、記事を読んだだけで酔ってきたのですか

よろしかったら、ボージョレ買われて、飲み心地をUPしていただければ有難いですよ。

貴BLOGではあちこち(特にでか盛り)食べ歩きをなさっているようですね。

うちの手料理も結構評判はよかったですよ。近ければ招待しますのに。

胃を壊さないようになさって下さい。