テーマ:松を芭蕉

西行法師の春を恋うる歌⑤

芭蕉は、元禄2(1689)年、陰暦・弥生3月27日に江戸を立ち西行の足跡を慕って奥羽、北陸を回り大垣に出て伊勢に向かうまでの150日に及ぶ大旅行に出るのだが、奥州入りをする前後に、田園風景を詠んだ3句を紀行文集「奥の細道」に書き留めている。 図は松尾芭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more