テーマ:中国

石家荘市、天洋食品・毒餃子事件容疑者逮捕

中国語の共同網というWEB NEWSに表題の件が出ていました。 共同網: http://china.kyodo.co.jp/modules/fsStory/index.php?sel_lang=schinese&storyid=79528 中国製冷凍ギョーザ中毒事件の容疑者として、製造元である天洋食品(河北省)の元…
トラックバック:1
コメント:125

続きを読むread more

愚作(外国人が見た北京・写した北京)を展示

当方2009.3.21(土)~3.24(火)に北京に行っていましたが、中華人民共和国建国60周年記念の写真コンテストがあり、外国人が3~7月に撮影した北京の写真を募集していましたので、A4判に焼いて3シリーズ各4枚を応募していたところ、そのうちの1シリーズが佳作に入ったというので、2009年11月23日賞状と入選作品「天壇と民衆」1シリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

外国人が見た北京・写した北京写真コンテスト佳作入賞②

外国人が見た・写した北京写真コンテスト佳作に入賞した拙作(枚数を増して)を中心として少し説明をさせて頂きます。 組み写真の画題は「天壇公園と民衆」です。 天壇は明の成祖皇帝が五穀豊穣を祈念する為に永楽18(1420)年に建てられました。今は一般に公園として公開され、1998年に世界文化遺産に認定されました。 そして下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人が見た北京・写した北京写真コンテスト佳作入賞①

当方2009.3.21(土)~3.24(火)に北京に行っていましたが、中華人民共和国建国60周年記念の写真コンテストがあり、外国人が3~7月に撮影した北京の写真を募集していましたので、A4判に焼いて3シリーズ各4枚を応募していたところ、そのうちの1シリーズが佳作に入ったというので、本11月23日賞状と入選作品「天壇と民衆」1シリーズ4枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山県北2009.6.13(土)の現象は「煙霧」

黄砂に関するご質問にお答えいたします。 平成21年6月13日(土)、岡山地方気象台(岡山市北区桑田町)では、16時 00分から翌日08時30分にかけて 「煙霧」 を観測しましたが、「黄砂」については観測 していません。この日、山陰から九州地方にかけても、「黄砂」は観測されていません。こ のため、貴地で発生した現象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄砂襲来

2009.6.13(土)は岡山県北部は晴れていたが、 日の光も遮られ黄砂で視界200m、 車のフロントガラスは砂まみれになりました。 梅雨に入ってから黄砂が来るのは珍しい現象です。
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新型インフル(Swine Flu)Phase 6に

○世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)のマーガレット・チャン事務局長は2009年6月11日午後(日本時間同日夜)、緊急委員会の電話会合を行い、新型インフルエンザ(H1N1・Swine Flu)の警戒水準(Phase)を現行の「5」から最高の「6」へ引き上げることを決定、新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)を宣言した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京旅行記⑦楓橋夜泊

日本でも有名な唐の詩人張継の「楓橋夜泊」の詩碑については色々秘話があるようなので、ご紹介させていただく。 北京から杭州まで全長1500kmの京杭大運河が通じているが、北京から南へ約1000kmのところが蘇州(古名姑蘇)で、楓江と交わりそこに石の太鼓橋「楓橋」がかかっていて、753年の唐の進士(後、検校祠部郎…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北京旅行記⑥広東料理、京劇=四面楚歌

2009.3.23、北京滞在も今晩が最後となり、いよいよ明24日、朝の 中国東方航空機で、日本へ帰ることとなりました。天壇の観光後、 北京銀座の王府井(ワンフウチン)に出かけて、にぎやかな露店を見物後、 楊松閣餐庁で広東料理の夕食です。 広東料理は脂っこいのかと思って いたら案外あっさりしていて、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京旅行記⑤天壇

北京紅墻飯店 (ペキンコウヘキハンテン ホテル)内、紅墻膳坊 (コウヘキゼンボう)で昼食を済ませた後、天壇の中心祈年殿に向かいました。 天壇は天安門から南に2.5kmのところにあり祈年殿 は天壇でもっとも有名な建造物の一つで、天安門や紫禁城とともに北京のシンボル的存在とされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more