テーマ:正月行事

とんど

岡山県北部では毎年1月14日を「とんど」(どんど)といって、正月の注連縄、お飾りや古い神仏のお札、書初めなどの祝儀物を焼く行事がある。 とんどの火で餅を焼いて食べると、1年間病気をしないといわれているので、隣り組の祝儀ものを当方の駐車場に集めてとんど焼をすることにした。 午後1時から皆さんに集まってもらって、古材を50cmほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011、歌会始1月14日

2011.1.14御題「葉」の歌会始の儀が皇居松の間で行われた。 天皇,皇后、皇太子並びに雅子妃方のお歌は  天皇陛下 五十年(いそとせ)の祝ひの年に共に蒔きし白樺の葉に暑き日の射す  皇后陛下 おほかたの枯葉は枝に残りつつ今日まんさくの花ひとつ咲く  皇太子さま 紅葉(もみぢ)する深山(みやま)に入りてたたずめば木々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の七草

2011年もあっという間に、1週間過ぎてしまいましたね。ボツボツ学校では新学期が始まる頃ですね。 太陰暦の1月7日(太陽暦では2月9日頃)は七草(元は七種と書きナナクサと読ませた)ですが、現在は太陽暦の1月7日に春の七種の草を入れた七草(種)雑煮(粥)を食べて、邪気を祓い正月のご馳走攻めの胃腸の調整にもいいといいます。 ちな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more