テーマ:旅行

愚作(外国人が見た北京・写した北京)を展示

当方2009.3.21(土)~3.24(火)に北京に行っていましたが、中華人民共和国建国60周年記念の写真コンテストがあり、外国人が3~7月に撮影した北京の写真を募集していましたので、A4判に焼いて3シリーズ各4枚を応募していたところ、そのうちの1シリーズが佳作に入ったというので、2009年11月23日賞状と入選作品「天壇と民衆」1シリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長崎カステラ覚え

2009.12.8に近所の建設会社の社長が社員旅行で長崎方面に行ったといってお土産に長崎市松翁軒の長崎カステラと雲仙市ポンパテイー(小浜食糧)のクリームサンド洋菓子クルスを頂いた。 この中に「カステラ覚え」という解説が入っていて、大変興味深かったのでUPさせていただきます。先般当BLOGにUPした「じゃがたらお春」も寛永1…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

外国人が見た北京・写した北京写真コンテスト佳作入賞②

外国人が見た・写した北京写真コンテスト佳作に入賞した拙作(枚数を増して)を中心として少し説明をさせて頂きます。 組み写真の画題は「天壇公園と民衆」です。 天壇は明の成祖皇帝が五穀豊穣を祈念する為に永楽18(1420)年に建てられました。今は一般に公園として公開され、1998年に世界文化遺産に認定されました。 そして下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人が見た北京・写した北京写真コンテスト佳作入賞①

当方2009.3.21(土)~3.24(火)に北京に行っていましたが、中華人民共和国建国60周年記念の写真コンテストがあり、外国人が3~7月に撮影した北京の写真を募集していましたので、A4判に焼いて3シリーズ各4枚を応募していたところ、そのうちの1シリーズが佳作に入ったというので、本11月23日賞状と入選作品「天壇と民衆」1シリーズ4枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

65回旭川花火大会(真庭市)は8日に延期

雨天のため2009年8月2日に延期中の65回旭川花火大会(岡山県真庭市)は 2009年8月8日(土)19:50~21:00に再延期になりました。 下記の電話/FAX/HOMEPAGEにて事前にお確かめ下さい。 8月2日の筏流しは予定通り8月2日に行うそうです。 岡山県真庭商工会落合支所: 岡山県真庭市落合垂水508…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山県北夏のイベント

#筏流し・花火大会 7月25日=旭川筏流し大会 7月26日=旭川花火大会 でしたが、雨のため 2009年8月1日(土)=65回旭川花火大会(真庭市) 2009年8月2日(日)=ザ・ファイナル旭川筏流し大会(真庭市) と延期になりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田方谷の世界展、見学

2009.5.17(日)は小雨降る1日でしたが、岡山県高梁(たかはし)市の「山田方谷(ほうこく)の世界」展を見に行きました。高梁市の文化交流館の2階の高梁市歴史美術館で開催されていました。彼の遺品、遺墨等が大量に展示されていて、中々見ごたえがありました。 山田方谷の世界展URL: http://www.city.takahash…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山県真庭市鹿田(かった)地区を訪ねて④道の駅「醍醐の里」

鹿田(かった)の宿場通りから、現代の国道R313に出て、道の駅「醍醐の里」に立ち寄ってみた。 その名の通り、「醍醐桜」観桜の基地となっているところで、ロマンチック街道といわれているR313で真庭市から高梁市に行く途中で休憩するのに好適なポイントである。「さくら」というレストラン、地元産品直売所も設けられている。真庭市の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山県真庭市鹿田(かった)地区を訪ねて③宿場の面影

旦荒神の藤、石黒代官ゆかりの太平寺を訪れた後、備中~大山道の宿場の面影が色濃く残る鹿田(かった)の宿場通りに出てみた。江戸時代の街道の様子がしのばれ、明治時代の民家、商家などがそのまま残っていて一瞬、時間がそのまま止まっているような感じがする空間である。 その備中~大山道は、秀吉の水攻めで有名な備中高松城近くの現在の岡山県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県真庭市鹿田(かった)地区を訪ねて②石黒代官

水戸黄門漫遊記に出てくるのは悪徳代官が多いが、天領(幕府直轄領)に派遣される代官には高潔の士がいたようである。 頌徳碑によると、石黒小右衛門政宇は元禄2年(1689)美濃の国の生まれ、京都町奉行所の与力を勤めていたが、京都所司代・土岐丹後守頼稔に見出され、寛延2年(1749)60歳のときに岡山県北部美作の国鹿田(現・真庭市、かった…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

岡山県真庭市鹿田(かった)地区を訪ねて①旦荒神の藤

2009.5.9にR313道の駅「醍醐の里」より500mの所にある岡山県真庭市鹿田(かった)旦荒神の藤を見に行きました。目標は中国自動車道(落合IC)または(北房IC)をおりてR313に入り道の駅「醍醐の里」に向かい、そこの観光案内所に聞けば教えてくれます。この日は当地でも快晴に恵まれ、気温も31.4度Cまで上がり真夏並みの暑さでした。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「花も団子も!」~真庭の春の食巡り

    メルマガ 「晴れの国」 第313号(2009年5月7日) より転載 ★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 立夏(2009年5月5日)が過ぎ、暦の上では夏が始まりました。桜の淡い ピンク色から一転し田んぼや民家の庭先では、レンゲやツツジの鮮やかな 花が咲き誇り、少しずつ夏が近づいてきて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北京旅行記⑦楓橋夜泊

日本でも有名な唐の詩人張継の「楓橋夜泊」の詩碑については色々秘話があるようなので、ご紹介させていただく。 北京から杭州まで全長1500kmの京杭大運河が通じているが、北京から南へ約1000kmのところが蘇州(古名姑蘇)で、楓江と交わりそこに石の太鼓橋「楓橋」がかかっていて、753年の唐の進士(後、検校祠部郎…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北京旅行記⑤天壇

北京紅墻飯店 (ペキンコウヘキハンテン ホテル)内、紅墻膳坊 (コウヘキゼンボう)で昼食を済ませた後、天壇の中心祈年殿に向かいました。 天壇は天安門から南に2.5kmのところにあり祈年殿 は天壇でもっとも有名な建造物の一つで、天安門や紫禁城とともに北京のシンボル的存在とされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山県北の桜(醍醐桜情報)

樹齢推定1000年とされる、真庭市別所の「醍醐桜」 (岡山県指定天然記念物)が満開を迎えた。 2009年4月9日は澄み渡る青空に巨樹全体がピンクに染まり 一挙に満開を迎えた。 4月15日くらいまでは楽しめそうである。 品種:アズマヒガン 目通り周囲:約7m 樹高:18m 枝張り:四方に20m 今…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北京旅行記③Eat Peking Duck before die

「不到長城非好漢:ブーダウチャンチェンフェイハウハン(長城に到らざれば 好漢にあらず)」、「不吃烤鴨不算来到中国:ブーチーカウヤーブーサン ライダウチョンクォー(北京ダックを食べざらば、中国に来 たとは いうなかれ)」という諺があるようですね。 3月22日の夕食は、北京烤鴨(ペイジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more