桃花満開です(李白・春夜桃李園宴序、芭蕉・奥の細道序文)

近くの民家の庭に植えてある二種類の桃の花が満開です。 赤の花が観賞用の品種、白の花が実を収穫する品種のようです。 松尾芭蕉の「奥の細道」序文とその出典になった、李白の名文を思い出しました。 芭蕉の奥の細道序文 【原文】 月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。 舟の上に生涯をうかべ馬の口とらへて老を迎ふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山の日を語呂合わせで2・23に

TIKI NET SNSの桃太郎さんが静岡県で「富士山の日」を語呂合わせで2月23日と制定したと書かれていましたが、昨今のように混迷した世にあっては有意義のことですね。私は中学高校時代に習った万葉集・山部赤人の富士山の長歌並びに反歌を思い出してしまいました。 山部宿禰(すくね)赤人、富士の山を望める歌一首併(あわ)せて短歌 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西行法師の春を恋うる歌⑥

「奥の細道」陰暦4月20日 那須野での 「田一枚植えて立ち去る柳かな」 芭蕉 の那須野での句は解釈の別れる句である。 芭蕉がということであれば、この句は素直に、芭蕉が田を植えて立ち去ったのを柳が見送ってくれたという事になるのだろうが、そのように解釈をするのは適切でない。 何故なら、芭蕉がこの地に立ち寄ったのは、西行が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西行法師の春を恋うる歌⑤

芭蕉は、元禄2(1689)年、陰暦・弥生3月27日に江戸を立ち西行の足跡を慕って奥羽、北陸を回り大垣に出て伊勢に向かうまでの150日に及ぶ大旅行に出るのだが、奥州入りをする前後に、田園風景を詠んだ3句を紀行文集「奥の細道」に書き留めている。 図は松尾芭…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西行法師の春を恋うる歌④

 阪急電車の上新庄駅で降り、そこからバスで五分。「江口の君堂というバス停で降りるとすぐに、江口の君堂の参道となります。  この寺の正式名称は「宝林山 普賢院 寂光寺」。西行法師と歌を交わした遊女・江口の君(妙の前)が仏門に入って創立した、天台宗の寺だと伝えられています。 江戸時代の難波(なにわ)の博学者・尾崎雅嘉の著わし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西行法師の春を恋うる歌③

西行法師(1118~1190)の俗名佐藤義清(のりきよ)。弟に仲清が いる。藤原北家・魚名流と伝わる俵藤太(たわらのとうた)秀郷(ひでさと)の 末裔。紀伊国那賀郡に広大な荘園を有し、都では代々左衛門尉(さえもんの じょう)・検非違使(けびいし)を勤めた由緒正しき富裕な佐藤一族の出。 父は左衛門尉佐藤康清、母は源清経女。保延元年(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西行法師の春を恋うる歌②

その後岡山県真庭郡新庄村念仏寺のホームページに陰暦>西暦変換スクリプトがあることがわかり、西行入寂の日を入れてみると、下記の結果が返ってきました。 旧暦(和暦)から西暦に変換(新庄村念仏寺)スクリプト: http://www.can-chan.com/koyomi/qreki-seireki.html 上記変換スクリプトに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西行法師の春を恋うる歌①

1月はは往(い)ぬ、2月は逃げると俗に言われていますが、もう正月の月は終り、2月ですね。2011年1月31日は例年にない寒さで、岡山県真庭市役所近辺で、最低気温-8.6℃、最高気温3.7℃で、積雪はありませんでした。 2月といえば西行法師の辞世(?)の歌が思い出されます。 西行法師(1118-1190)は、以下の歌を生前に詠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積雪20~30cm

2011.1.16(日)は積雪早朝20cmで1.17(月)は積雪早朝30cmと当地は寒波に見舞われました。 17日の19時のNHKニュースでは、真庭市役所付近では、気温最低―7.2℃、最高4.0℃といっていました。家の近くで積雪を計ってみると16日早朝は20cm、17日早朝は、30cmで、雪かきに追われました。 鳥取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんど

岡山県北部では毎年1月14日を「とんど」(どんど)といって、正月の注連縄、お飾りや古い神仏のお札、書初めなどの祝儀物を焼く行事がある。 とんどの火で餅を焼いて食べると、1年間病気をしないといわれているので、隣り組の祝儀ものを当方の駐車場に集めてとんど焼をすることにした。 午後1時から皆さんに集まってもらって、古材を50cmほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011、歌会始1月14日

2011.1.14御題「葉」の歌会始の儀が皇居松の間で行われた。 天皇,皇后、皇太子並びに雅子妃方のお歌は  天皇陛下 五十年(いそとせ)の祝ひの年に共に蒔きし白樺の葉に暑き日の射す  皇后陛下 おほかたの枯葉は枝に残りつつ今日まんさくの花ひとつ咲く  皇太子さま 紅葉(もみぢ)する深山(みやま)に入りてたたずめば木々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の七草

2011年もあっという間に、1週間過ぎてしまいましたね。ボツボツ学校では新学期が始まる頃ですね。 太陰暦の1月7日(太陽暦では2月9日頃)は七草(元は七種と書きナナクサと読ませた)ですが、現在は太陽暦の1月7日に春の七種の草を入れた七草(種)雑煮(粥)を食べて、邪気を祓い正月のご馳走攻めの胃腸の調整にもいいといいます。 ちな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

賀正2011

皆様明けましておめでとうございます。 平成23年の新年は岡山県北部では雪の朝でした。 万葉集巻の17に天平18年(AD746)太陰暦正月(2010年太陽暦では2月3日)の葛井連諸会(ふじいのむらじもろえ・もろあい)の歌として 「新しき年の初めに豊の年しるすとならし雪の降れるは」 とありますが、現用の太陽暦換算では1月早い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマス寒波到来

クリスマス寒波到来 MERRY CHRISTMAS TO YOU ALL!! 皆様楽しいクリスマスをお迎えですか? 当方では12月24日の午後、近所の方をお迎えして、予約していた真庭市蒜山(ひるぜん)酪農農業協同組合製のΦ18cmの生クリームデコレーションイチゴケーキ(¥3800)に入刀して、ろうそくに点灯して、テイーポットで葉から…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2日続きで氷点下

真庭市では11月末2日続きで氷点下を記録したが、12月に入って暖かくなった。 2010/11/29 最高13.3℃ 最低-1.6℃ 初雪、初霜 2010/11/30 最高12.0℃ 最低-1.0℃ 2010/12/1  最高18.0℃ 最低4.0℃ 今年の夏も暑かったが、冬も寒くなるのだろうか? ロシアのKIROV市で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2010年10~11月の出来事

10/24~26久世祭り 200年以上続くと言われている、だんじり喧嘩祭りが盛大に行われた。昼間の五神社立会い祭りの神輿と各町内から出ただんじり九社の行列、夜の九社激突のだんじり喧嘩と街中が浮かされたような熱気に包まれた。この祭りには鯖寿司がつきもの。 11/20ボジョーレ ヌーヴォ試飲会 11/18第…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岡山県北部アマチュア無線クラブの総会

岡山県北部アマチュア無線クラブ(JR4YHB)の総会開催通知 平成23年総会を開催します 日時 :平成23年1月16日(日) 場所 : たるや鮮魚店 住所 :〒719-3201 岡山県真庭市久世2481 電話 :0867-42-0208 集合時間役員10時 一般会員11時 会員の方は総会について出欠をよろしくお願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山真庭市マツタケ豊作

2010.10.24の日曜日に真庭市からR313を利用して高梁市に向かったが、同国道沿いに地元特産のマツタケを販売する店が沢山出ていたので、「傘開きマツタケ」を1本買って帰り早速夕食に賞味したが、匂いも味も申し分なかった。 今秋のマツタケは全国的に平年の3倍の出荷量で、価格は平年の半額~3分の1であると言う。当地方では、10月24…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高平の滝(真庭市草加部地内)探訪記

2010,10.10(日)と11(月)振り替え体育の日に2度、真庭市草加部地内の高平(たかひら)の滝を探訪した。 真庭市には、西日本一の神庭の滝(高さ110m、幅20m)を初めとして、大小50個以上の滝があり、何れも当方宅から1~3時間以内で行くことができるが、このたびは比較的規模が小さく、道路状態もよくない高平の滝を訪れた。途中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more